No4:窓廻りのカーテン、ブラインド類

(縦型)f:id:nanshin001:20200513093735j:plain  ↑(バーチカルブラインドーアルミ  ):こちらは縦型のブラインド 

f:id:nanshin001:20200515132043j:plain

  ↑(バーチカルブラインドーデュアルシェイプ):こちらは両端デザインカット

 f:id:nanshin001:20200515132104j:plainf:id:nanshin001:20200515132053j:plain

↑(バーチカルブラインドーアクセント):こちらは帯に光が入りこむ

溝がついていて日差しが入ると光のスリットが映し出される商品

 

(横型)

日中

f:id:nanshin001:20200515132020j:plain

 

夜間

f:id:nanshin001:20200515132009j:plain

 ↑ シェープシェイド(カーテン)

布のカーテンですが右手の上の日中写真の右窓を上げてますが

このようにブラインド風で、横溝巾で降り上げれる商品

(和洋折衷のような雰囲気で天井に上げれる為掛けない時に窓を妨げたくない方に○)

 生地も薄い物から、厚手の生地がこのパターンで製作できます

   f:id:nanshin001:20200515132135j:plain

    f:id:nanshin001:20200515132124j:plainf:id:nanshin001:20200515132113j:plain

↑ アルミブラインド(羽 25㍉)パンチングメタル 

写真を拡大すると解りますが、パンチングの無数の穴が開いており、光が差し込む

商品で少し差し込んだ穴の光と羽を閉じた時調和してうっすら明るい羽となってます 

 

f:id:nanshin001:20200515132210j:plain

f:id:nanshin001:20200515132148j:plain    f:id:nanshin001:20200515132201j:plain

 ↑ アルミ25㍉羽(黒ブラック)

真っ黒なので、選ぶ時にくらすぎないかと迷う方も多いですが

黒の扉や黒い窓枠などはマッチングがやはりgood

白も無難ですが、大胆な黒もまたインテリア感でます

 

 

f:id:nanshin001:20200515132311j:plain

f:id:nanshin001:20200515132221j:plain     f:id:nanshin001:20200515132231j:plain

f:id:nanshin001:20200515132246j:plain    f:id:nanshin001:20200515132259j:plain

↑ ロールスクリーン天井壁付け

やはりこのような窓はロールスクリーンがお勧め

ブライドと違い、羽にホコリが付かず、ブラインドは羽を開いたり閉じたり

しますが、窓をみせるかみせないかだけの場合は、布を下げる上げるが

よごれが付きにくく、日よけ、防犯に効果的でコストも比較的安い物が多い

 

 

(上記同じ商品の住宅胸窓)

f:id:nanshin001:20200515132333j:plain    f:id:nanshin001:20200515132344j:plain

両窓全閉め/方窓半降し

f:id:nanshin001:20200515132354j:plain    f:id:nanshin001:20200515132413j:plain

片窓全降し/おろしてない状態

 

 

(上記同じ商品で住宅上部窓)

f:id:nanshin001:20200515132427j:plain    f:id:nanshin001:20200515132548j:plain

半降し/全降し

f:id:nanshin001:20200515132607j:plain    f:id:nanshin001:20200515132621j:plain

扉片側開け/両開け

 

 ↑  窓で分けるとこのように

開ける窓を開けて、日よけなども分けるなど

上の胸窓のように向こうの見えたくない部分だけロールスクリーン降ろしておくと

窓越しの景観も良くみえます

(※ブロック塀の上端で止めている写真と全開けの写真を比較)

 

・縦型と横型の印象の違い

・その中にも様々な商品や色など組み合わせのバリエーションがあります

・窓廻りのカーテン、ブラインド選びはその先の使われ方や掃除など

 考えて選ぶといい窓廻りになります。